メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コンロのノブに取り付ければ話しかけてくる調理アシスタントが近未来感すぎる! スマートホームの拡張デバイスはここまで来ている(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

近年、自宅の家電をスマートホームの一部に拡張してしまうデバイスがどんどん登場しています。あらゆる物がWi-Fiにつながり、スマートフォンで操作できるようになりつつあるなか、「まさかそんな物まで!」と驚いてしまうのがIndiegogoで予約受付中のプロダクト「Klove Knob」です。

 

卵のゆで加減まで教えてくれる「Klove Knob」

20170906_kubo22

Klove Knobは、自宅のガスコンロのノブを取り外してそこに装着することで火の入/切、強さを検知することができるデバイスです。火をつけるとBluetoothで接続されたスマートフォンやアレクサ、Googleホームから「何を料理しますか?」と聞かれます。そう、向こうから話しかけてくるのです。

 

20170906_kubo30

例えば「ゆで卵」と答えると「固茹でですか? 柔らかいのが良いですか?」と茹で加減を聞いてきます。「固茹で」と答えると「茹で上がるまで6分です。6分後にお知らせしましょうか?」と聞かれるので「はい」と答えれば6分後に「ゆで卵ができました」と通知してくれます。

Klove Knobにはステーキや魚を使ったレシピが何百も揃っているとのこと。それぞれのレシピについて自分の好きな焼き加減や茹で加減を指示してタイマーをセットさせることができます。料理中は手がふさがっていることが多いので、これらすべてが口頭でできるのは便利ですよね。もちろんレシピは焼き時間だけではなく、調味料の分量、ひっくり返すタイミングなども声で教えてくれるので、汚れた手でスクリーンをタッチしなくて済みます。

 

さらに使用開始から3日ほど経てば、マシーンラーニングを活用してユーザーの好みを学習してくれます。茹で加減や焼き加減、スパイシーさなどを勝手に調整してくれ、料理を美味しくするのに役立ちそうです。

 

また安全機能も備えており、コンロの火を消し忘れたらアプリを通じて警告してくれます。

 

「Klove Knobは料理から『こんな感じかな?』という曖昧さをなくしてくれる」と海外メディアでも数多く取り上げられています。1つ約3200円(海外発送料別)という価格も受けが良く、3つセットは約1万1000円となっています。

 

危険なときに自動で火を止めてくれる「Inirv React」

20170906_kubo25

スマート・コンロノブの安全面にフォーカスしたのがKickstarterとIndiegogoで注目を集めたInirv Reactです。

20170906_kubo28

 

天井部分に簡単に取り付けられるセンサーが煙、ガス、そして動きを探知し、コンロのノブに取り付けられたInirv ReactにWi-Fiを使って通知。もし火がつきっぱなしであれば自動でノブが動いて火を消すように設計されているので安心です。

 

20170906_kubo29

今年1月にKickstarterでキャンペーンを開始し、目標金額を大幅に上回る約1900万円を集めました。現在はKickstarterでノブ4つとセンサー1つがセットになって約2万5000円で予約販売されています。

 

天井のセンサーがモーションセンサーにもなっていて、キッチンの火を消し忘れていたら通知してくれるというのは新しいですね。Klove Knobのようにノブ部分でタイマーを設定することもできるので、長時間の調理が必要な料理を作っている時に誤作動で火が消えてしまうこともありません。

20170906_kubo27

またアプリを通じてリアルタイムにコンロの火の状態をチェックすることができます。家を出てしばらくしてから「あれ…火消したっけ?」と心配することもなくなるので有難いですね。タイマーの再設定やアラームのキャンセルなどはノブ部分のタッチセンターで簡単に操作できるとのこと。

20170906_kubo26

Kickstarterのコメント欄にも「私の妻は火をつけたままコンロを離れてしまうことが本当に多いので、これがあれば安心です」や「素晴らしいアイデア!」と期待の声が集まっています。

 

どちらのプロダクトも日常生活を安全かつ便利にしてくれるスマートホームらしいものですね。驚くような方法で自宅を安全にしてくれるスマートデバイスにこれからも注目です。

【関連記事】
鍋を変えたら「いいね」が伸びる!? パーティシーンで映える1台3役、約5000円のデザイン電気グリル鍋
「味しみしみ大根」がここまで手軽に…! 「ほったらかし調理家電」の先駆け「煮込み自慢」が驚異的
お尻の谷間を「なで剃り」する快感よ! 「アンダーヘア用トリマー」で開眼した編集者が激オシのワケを語る
憧れの食洗機、ついに導入! パナソニック「プチ食洗」3人家族で使ってわかった「時短だけじゃない」効果
「炊飯男子」再来なるか? サンコーから約5000円のハンディ炊飯器

情報提供:GetNavi web


毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金正男殺害事件 オウム中川死刑囚がマレーシア政府に協力
  2. チビチリガマ荒らし 「歴史知らなかった」逮捕の少年
  3. JR京浜東北線 警部補が電車にはねられ死亡 横浜
  4. JR東海道線 電車にはねられ高校生死亡 浜松
  5. 安保法成立2年 「9条壊すな」国会議事堂前で反対集会

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]