メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・市立高

無免許教科で授業 非常勤講師、4月から

 大阪市教委は14日、市立高校の20代の男性非常勤講師が「世界史A」を教えるために必要な「地理歴史」の教員免許を持っていないのに授業をしていたと発表した。4月から1年生6クラス(約240人)の22時間分前後の授業を担当していた。高校は今後、免許を持つ別の教師による補習授業を実施する。

 市教委によると、講師は市立高校に採用された4月から、1年生の世界史Aを週2時間教えていた。今月8日、高校が教員免許の更新のために免許状の確認をした際、講師が世界史Aを教えるのに必要な地理歴史の免許を持っておらず、公民の免許しかないことが判明した。担当教科と所持する免許との照合が不十分だったという。講師は「公民の免許で教えられると思っていた」と話しているという。【椋田佳代】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地震 防災無線 未明に大音量「セカオワ」震度4の宇和島
  2. 五輪スケート 小平、親友の李相花と競い合い
  3. 五輪スケート 「勝て」と言わぬ支援者 小平、金の恩返し
  4. 五輪フィギュア 宇野 真央さん導いた道、メダル目指して
  5. 平昌五輪 メダル授与式、なぜ別会場で?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]