メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪・市立高

無免許教科で授業 非常勤講師、4月から

 大阪市教委は14日、市立高校の20代の男性非常勤講師が「世界史A」を教えるために必要な「地理歴史」の教員免許を持っていないのに授業をしていたと発表した。4月から1年生6クラス(約240人)の22時間分前後の授業を担当していた。高校は今後、免許を持つ別の教師による補習授業を実施する。

 市教委によると、講師は市立高校に採用された4月から、1年生の世界史Aを週2時間教えていた。今月8日、高校が教員免許の更新のために免許状の確認をした際、講師が世界史Aを教えるのに必要な地理歴史の免許を持っておらず、公民の免許しかないことが判明した。担当教科と所持する免許との照合が不十分だったという。講師は「公民の免許で教えられると思っていた」と話しているという。【椋田佳代】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 外国人技能実習 来日費用100万円、足かせ 滞る返済
  2. ORICON NEWS 『2017ブレイク女優ランキング』吉岡里帆が首位 “怪演”から“泣きの演技”までこなす演技力に支持
  3. NHK 特番で安室さん「デビューあれば絶対引退が来る」
  4. 三菱マテリアル 子会社が素材製品の検査データ改ざん
  5. 雨のち晴れ バブル崩壊で金策苦慮 山一証券会長・立川正人さん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]