メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大阪府北部で震度6弱 津波の心配なし
鈴木氏

新党に参加へ 民進に離党届、会見に細野氏登場

民進党への離党届提出の記者会見を終えた鈴木義弘衆院議員(左)と握手する細野豪志衆院議員=東京都千代田区の衆院第2議員会館で2017年9月13日午後3時2分、川田雅浩撮影

 民進党の鈴木義弘衆院議員(比例代表北関東ブロック)は13日、大島敦幹事長と党本部で会い、離党届を提出した。既に離党した細野豪志元環境相らが構想する新党に参加する方向だ。大島氏は12、13両日、鈴木氏ら5人と個別に会談して慰留したが、新執行部の対応は後手に回っている。

     鈴木氏は、党内で細野氏が作ったグループに所属していた。前原誠司代表の就任後、離党は山尾志桜里衆院議員に続き2人目だ。

     13日の記者会見で鈴木氏は昨年の参院選での共産党との選挙協力を挙げ、「新執行部は共産党と(関係を)リセットすると言いながら、その態勢がみえない」と離党の理由を説明した。会見中に細野氏が現れる「演出」もあり、細野氏は「政権を担える政党をつくるために一緒に協力していきたい」とエールを送った。

     一方、大島氏と13日に会談した笠浩史衆院議員(神奈川9区)は、離党するかどうか14日に判断する意向を伝えた。笠氏は鈴木氏と同じグループだ。

     相次ぐ離党の動きに、連合の神津里季生会長は13日の会見で「党に対する嫌がらせとしかみえない。早期に決着させるべきだ」と苦言を呈した。【樋口淳也】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    2. 新潟県立高 女子の男子いじめ動画 ネット拡散 批判殺到
    3. 高校バスケット 審判に暴行映像、SNSで一気に広まる
    4. 加計と日大問題 似た構図、丸山真男の「無責任の体系」か
    5. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]