メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風18号

16日から17日にかけ九州に接近の恐れ

 非常に強い台風18号は13日、沖縄県・先島諸島の宮古島付近を北上した。勢力を維持しながら北西に進んだ後、進路を東寄りに変えて16日から17日にかけて九州に接近する恐れがあり、気象庁は大雨や暴風、高波に警戒を呼びかけている。

     台風18号は14日午前0時現在、宮古島の北約100キロを時速約15キロで北西に進んでいる。中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速45メートル、最大瞬間風速60メートル。中心から半径200キロは風速25メートル以上の暴風域となっている。

     先島諸島は暴風域に入って大荒れとなり、海上は猛烈なしけとなった。沖縄電力によると、13日午後5時ごろから宮古島市で風雨の影響による停電が発生。14日午前0時時点で宮古島市と久米島町、多良間村の計1万9650戸が停電している。

     気象庁によると、15日午前0時まで24時間の予想雨量はいずれも多いところで、先島諸島250ミリ、沖縄本島地方150ミリの見込み。【中村敦茂】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 慰安婦像 安倍首相「受け入れ拒否を申し入れた」
    2. 詐欺容疑 カツ丼平らげ「無銭飲食しました」自ら110番
    3. ジンバブエ 副大統領を解任 後任に大統領の妻就任へ
    4. オウム 教祖四女「一人の人間として生きたい」 会見一問一答
    5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]