メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まとメシ

[居酒屋日本シリーズ]福岡vs.広島!広島で呑む!

情報提供:まとメシ

カープの快進撃が地元の美味をさらに旨くする

広島の居酒屋を担当するのは、編集・武内。実は私、広島出身でして、なおさら、居酒屋も博多に負けるわけにはいきません。

さて広島駅に着くや、いたるところでカープがお出迎え。売店には「カープチューハイ」が並べられ、立ち食いうどんの店に入れば「がんばれカープ! 赤うどん」なんてメニューも。優勝間近なこともあって、格段の旨さ。駅ですらこうなのだ。期待をグンと高めつつ居酒屋に突入だ。

まずはタコ料理を堪能すべく『きっすい』へ。噛むほどに味わい深いタコ料理の数々に舌鼓を打ちつつ、ふと思うわけです。

特選地ダコの薄造り 980円

木下~正田~東出と続くいぶし銀の存在こそが広島の伝統。ならばこのタコは海鮮のいぶし銀、まさに広島的存在だと。彼らのプレーを思い浮かべつつ食べるタコの旨さに思わず感嘆。

次の店『あちこち』ではアナゴ料理を呉の酒「宝剣」でいただく。

あなご刺身 1500円~

アナゴ独特の甘みに淡麗な酒が実に合う。ところで店主の郷さんは元高校野球児。野球に詳しく、野球談義で客と盛り上がることも少なくないそう。優勝決定戦の日にまた来たいぞ。

日を改めて足を運んだのは『中ちゃん』

お好み焼き肉・玉子・生イカ・そば入り 800円

広島の定番お好み焼きは、食べなれた私でも驚く美味しさ。ちなみに焼ける間、一品料理を楽しむのが広島流。 だが、名物の「ウニクレソン」や「四川風唐揚げ」など、ここは豊富な品数でどれもが美味しく、今年のカープのように勢いよく注文すると、お好み前にお腹がパンパンになるのでご注意。

そして最後の店『小石』に。

自家製牡蠣太白油漬け 850円

日本酒は結構飲んできたが、知らない酒が郷里にあることに驚き、ついあれもこれもと飲んでしまう。米の旨みが心地よく残る酒が多く、気の利いたアテもぴったりで、わしゃあもう大満足じゃけぇ。

今回の記事の店舗情報

酒菜処 きっすい(最寄駅:本通駅)

酒菜処 きっすい|海鮮のいぶし銀・タコを堪能しんさい!(魚介・海鮮料理/袋町)

酒肆 あちこち(最寄駅:胡町駅)

酒肆 あちこち|牡蠣と並ぶ広島名物のアナゴに魅了されんさい!(居酒屋/胡町)

ひろしま丸かじり 中ちゃん(最寄駅:銀山町駅)

ひろしま丸かじり 中ちゃん|広島のソウルフードが揃っとるけんね(鉄板焼き/弥生町)

SAKE BAR 小石(最寄駅:胡町駅)

SAKE BAR 小石|広島の日本酒はぶち美味しいんじゃけぇ!(日本酒バー/流川町)

関連記事

居酒屋日本シリーズ【福岡vs.広島】博多で呑む!
味坊|庶民的な中華食堂でコップワインをグビッ!(中華料理/神田)
秋葉原駅でいま食べておきたい!唸るラーメン「らあめん 広」の「らあめん」
ひろしま丸かじり 中ちゃん|広島のソウルフードが揃っとるけんね(鉄板焼き/弥生町)
商店街をうまいもん散歩 ちょい呑み天国「大山」


情報提供:まとメシ

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲九州場所 白鵬の「物言い」注意 協会「価値下げないように」
  2. 自民・竹下氏 同性パートナー出席に反対 宮中晩さん会
  3. 宮古・健康施設 日ごろの疲れ吹っ飛ぶ「リンゴ風呂」
  4. 質問なるほドリ 藤井四段 昇段しないの?=回答・丸山進
  5. 三菱マテリアル 子会社が素材製品の検査データ改ざん

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]