メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

チェコ企業が移動式ビール醸造設備、水と電気あればどこでも

 9月13日、チェコ共和国のウェル・サービス社が、専用コンテナで持ち運べる移動式ビール醸造設備「スマート・ブルワリー」を開発した(2017年 ロイター/David W Cerny )

 [プラハ 13日 ロイター] - チェコ共和国のウェル・サービス社が、専用コンテナで持ち運べる移動式ビール醸造設備「スマート・ブルワリー」を開発した。価格は270万コルナ(約1370万円)で、1週間に525ヘクトリットルのビールが製造できる。

     同社の担当者は「移動式で世界のどこにでも持ち運ぶことができ、シンプルな仕様で場所を取らない醸造設備を作りたかった」とし、「しっかりした地盤の上に設置し、電源と水道に接続すれば醸造が始められる」と説明した。

     すでに、ロシアへの納品で合意に至っているほか、タイ、タンザニアその他の国と商談に入っているという。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 気象庁 週明けに都心も大雪警戒 低気圧通過、強い寒気
    2. 鹿児島の公園 刺された女子高生「振り向きざま後ろから」
    3. 殺人未遂 女子高校生ナイフで刺す、中学生逮捕 鹿児島
    4. 記者の目 仙台の父親刺殺、懲役11年判決 深刻な面前DV、調査急げ=坂根真理(生活報道部)
    5. 鹿児島の女子高生刺傷 あす1週間 住民の不安消えず 登下校の安全確保を強化 刃物発見も、男立ち去る /鹿児島

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]