メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェルシーのザッパコスタ、強烈ミドルは「クロスを狙っていた」

情報提供:サッカーキング

チャンピオンズリーグデビュー戦でゴールを挙げたザッパコスタ [写真]=Getty Images
 現行のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)で、イタリア人選手として100ゴール目をマークしたチェルシーのイタリア代表DFダヴィデ・ザッパコスタが、ゴールは直接狙ったものではなかったと打ち明けた。『UEFA公式サイト』が13日に伝えている。

 CLグループステージ第1節が12日に行われ、チェルシーはホームで昨季アゼルバイジャン・プレミアリーグで1位のカラバグと対戦した。試合は、スペイン代表FWペドロや同代表DFセサル・アスピリクエタらがゴールを決め、チェルシーが6-0でカラバフに大勝。先発出場を果たし、チャンピオンズリーグデビューを飾ったザッパコスタは、30分にイタリア人選手として100ゴール目をマークした。GKから自陣でボールを受けると、右サイドを駆け上がり、サイドから技ありのミドルを直接叩き込み、チームの2点目を決めたのだ。

 そのシュートを振り返りザッパコスタは「自分のゴールについては正直なところ、クロスを狙っていた。インステップで振り抜くとゴールにシュートが吸い込まれていくのを見た」とゴールは偶然であったと告白した。

「夢だったチャンピオンズリーグに出場できて嬉しく思う。デビューし、スタンフォード・ブリッジでゴールを決められるなんて、全ての人にとって夢のようなことだ。そして、チームの勝利が何よりも嬉しい。僕らはヨーロッパでの歩みを上手くスタートできた。これからもこの試合のように続けていかなければならない」と続け、チームの勝利の重要性を強調し、次に意気込んでいる。

 チェルシーは17日、アーセナルとホームで対戦する。

【関連記事】
●バチュアイが物申す! ゲームの数値に納得いかず「説明してくれ」
●アーセナル戦を待ちわびたGKクルトワ…強敵打倒の「いい機会」
●努力し続けるチェルシーMFカンテ…昨季の栄冠は「すでに過去のもの」
●ランパード、元同僚アザールに「メッシやC・ロナウドのように…」
●チェルシー、CL初戦を6-0と完勝…指揮官は「完璧なスタートだ」

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. メキシコ地震 119人死亡 各地で建物崩壊
  2. 大阪府警 ミナミで半グレ調査 みかじめ料、暴対法抜け穴
  3. OKAMOCHI 使い捨て岡持ち 老舗洋食店が開発
  4. ダム日本酒 プロもうなるおいしさ 富山・黒部で蔵出し
  5. 九州北部豪雨 20万トン流木の処理難航 2次災害も懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]