メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング 約1カ月ぶりの出場で2得点…C・ロナが前人未到の3連覇に自信「CLはレアルの大会」

情報提供:サッカーキング

大舞台での勝負強さを再び発揮したC・ロナウド [写真]=Getty Images
 13日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節で、前人未到の3連覇に挑むレアル・マドリードはアポエルに3-0と快勝。2得点を決め、勝利に大きく貢献したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが試合後、インタビューに応じ優勝に向けて自信を見せた。『UEFA.com』が伝えている。

 8月13日に行われたスーペルコパ・デ・エスパーニャ(スペイン・スーパーカップ)ファーストレグのバルセロナ戦で5試合の出場停止処分を受け、レアル・マドリードでのプレーから遠ざかっていたC・ロナウド。アポエル戦では、約1カ月ぶりにクラブでの公式戦に出場すると12分、そして51分にもゴールを奪った。

 CL開幕節でのゴールは2012-13シーズン以来、今回で6シーズン連続となるなど、改めて大舞台での勝負強さをアピール。試合後のインタビューでC・ロナウドは「まだ道のりは長い」としながらも、3連覇を狙えると自信たっぷりに語った。

「まずはグループリーグを突破することだ。もちろんこの大会で頂点に立ちたい。CLはレアル・マドリードの大会だからね。絶対に優勝したい」

「チームに戻ってこられて嬉しいよ。今大会でもゴールを奪えたことは僕にとって、すごく大きなこと。チームの助けになれて良かった」

「相手が守備的だった」とし、「もっとゴールを奪えたはず」と悔やんだC・ロナウドだったが、「とにかく勝たなければいけない試合だったから、ホームでしっかりと勝って、CLのスタートを切れたことには満足している」と安堵の表情を浮かべた。

 レアル・マドリードは次節、26日にアウェイでドルトムントと対戦する。

【関連記事】
●C・ロナウド、CL開幕節で6年連続ゴール…PK得点数は歴代単独首位に
●S・ラモス、レアルで350勝達成…オーバーヘッド弾は「得意な形」
●C・ロナ2発にS・ラモスのオーバーヘッド弾! 王者レアル、3連覇へ快勝スタート
●突如飛び出したC・ロナウド退団説、本当の理由とは…?
●C・ロナウドが味方のゴールにブチ切れ! 「エゴイスト」との批判噴出

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
  2. 名古屋・私立高 男子26人、女子装い電子マネー要求 
  3. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ
  4. 日馬富士暴行 「堂々巡りだから」貴乃花親方、法的手段も
  5. 日馬富士暴行 任意聴取で認める 診断医師は重傷否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]