メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

桐生祥秀9秒98 歴史的偉業に国民栄誉賞を=やくみつる

 その夜のNHK「サタデースポーツ」のキャッチコピーを借りれば、「歴史が動いた」--。

 9月9日、福井市で行われた日本学生対校選手権の男子100メートル決勝で、桐生祥秀が9秒98を記録。ついに日本選手が10秒の壁を破った。その日、私は午後からずっと番組収録のスタジオに入っていて、ずいぶんと時間がたってからメールを開けて知ったのだけれど、文面を読み上げると同室の出演者たちから「おー」と野太い歓声が上がった。

 翌日曜もイベントやら何やらで報道・情報系の番組を見られず、後から録画でチェックを急ぐ。さぞや大騒ぎ…

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1041文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. イチローが現役引退
  3. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  4. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉
  5. エチオピアで「日本人女性が死亡」 武装勢力が車襲撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです