メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

桐生祥秀9秒98 歴史的偉業に国民栄誉賞を=やくみつる

 その夜のNHK「サタデースポーツ」のキャッチコピーを借りれば、「歴史が動いた」--。

 9月9日、福井市で行われた日本学生対校選手権の男子100メートル決勝で、桐生祥秀が9秒98を記録。ついに日本選手が10秒の壁を破った。その日、私は午後からずっと番組収録のスタジオに入っていて、ずいぶんと時間がたってからメールを開けて知ったのだけれど、文面を読み上げると同室の出演者たちから「おー」と野太い歓声が上がった。

 翌日曜もイベントやら何やらで報道・情報系の番組を見られず、後から録画でチェックを急ぐ。さぞや大騒ぎ…

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1041文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです