メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

危機

核・ミサイル 識者インタビュー/4 前NATO事務総長 アナス・フォー・ラスムセン氏

=八田浩輔撮影

中国は圧力強化を

 北朝鮮情勢を巡り、中国とロシアには異なる意図がある。中国にとっては韓国・米国軍との間のバッファーゾーン(緩衝地帯)を維持できるかどうかの実存的な問題がある。そして北朝鮮から国境を越えて自国に難民が殺到するリスクも強く懸念している。一方、ロシアには地域における影響力の問題が重要だ。

 このように中国とロシアは基本的に異なる狙いがあるが、どちらも朝鮮半島で(統一を含む)民主化が進むことは望んでいない。だが(将来的に)民主化は避けられない。中国が受け身の状態のままなら、朝鮮半島で米国の影響が高まるのを目の当たりにするだろう。しかし将来設計に中国が加われば民主化進展のあらゆる過程で影響を及ぼすことができる。打開策を探るため、北朝鮮への重圧を強める努力を中国に促したいと私が考えるのはこのためだ。

 一方、欧州連合(EU)は北朝鮮情勢で大きな影響を及ぼすことはできないだろう。EUは今後数年は英国の…

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1310文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あしなが育英会 奨学金利用の母子家庭 6割が就労不安定
  2. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです