メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

サッカー日本代表 W杯出場決定=大島祥平(東京運動部)

オーストラリアに勝利してW杯出場を決め、日本代表選手とともに笑顔を見せるハリルホジッチ監督(中央)=埼玉スタジアムで8月31日、宮武祐希撮影

監督に本気でぶつかれ

 ハリルホジッチ監督(65)が率いるサッカー日本代表がアジア予選を突破し、2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会の出場を決めた。黒星発進で苦しんだ最終予選の期間中は、日本サッカー協会内で最後まで監督解任論が渦巻き、不協和音の中でつかんだ切符でもあった。来年6月14日の開幕まで残り9カ月。最高のチームで本大会に臨むためには、協会、選手が監督と本気でぶつかり合っていくことが必要だと考える。

 「首位でも批判された。攻撃と受け止めた」。W杯出場を決めた8月31日のオーストラリア戦(埼玉)の翌…

この記事は有料記事です。

残り1798文字(全文2054文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです