メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2017ドイツ総選挙

深層・右派台頭/7止 「結束」もろさ露呈 党の将来見通せず

独外国人特派員協会で記者会見するAfDのバイデル筆頭候補=ベルリンで2017年8月

 「ブルカ(イスラム教徒の女性用衣装)? 私はブルグンダー(ドイツの代表的ワイン)が好き」「多様性? もう(十分)あります」。24日に近づいた独総選挙。イスラム教徒や移民をからかうようなポスターが街中に散見される。ドイツの新興右派政党「ドイツのための選択肢」(AfD)の選挙ポスターだ。人種差別的な主張に怒った人たちがポスターを引きはがしたりする事態が相次いでいる。

 そんな中、AfDの「選挙の顔」であるアリス・バイデル筆頭候補が先月下旬、記者会見でこう言い放ち、驚…

この記事は有料記事です。

残り856文字(全文1089文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. JR 大阪駅エスカレーターで女性ら3人転倒 病院に搬送
  2. 石川・粟津駅 2男児、特急と接触か 1人死亡1人重体
  3. 北陸線事故 死亡・重体は幼い兄弟 ホーム下で遊ぶ
  4. 水族館 ヒョウモンダコが産卵 触手で抱えるように 長崎
  5. じゃらんアワード 千葉の「ホテル ザ・マンハッタン」2冠 総合と接客・サービス /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]