メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西鉄ライオンズ最強伝説

黄金期編/7 「神様」への告白

1958年の日本シリーズ第7戦に勝ち、大逆転日本一を決めて抱き合って喜ぶ(左から)豊田泰光、中西太、稲尾和久、日比野武の各選手=東京・後楽園球場で

 負ければ西鉄ライオンズの3連覇が消える1958年の巨人との日本シリーズ第5戦。西鉄は九回に追いつき延長に入った。四回から登板して無失点に抑えていた故稲尾和久さんが十回、打席に入る。振り抜いた打球は舞い上がり、左翼席ぎりぎりに届くサヨナラ本塁打となった。

 翌日の新聞は「応援団の一人がひざまずきながら『神様、仏様、稲尾様、救いの神稲尾様』と絶叫して三拝九拝」と書いた。

 2日間空いて、稲尾さんは第6、7戦と2日連続で完投勝利。チームを3年連続日本一に導いた。稲尾さんは…

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文682文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. セクハラ 「早大の渡部直己教授から」元女性院生申し立て
  3. 竜王戦 藤井七段、都成五段に勝つ 決勝T1回戦
  4. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  5. サッカー日本代表 ポーランドに勝つか引き分けで突破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]