メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公明・山口代表

露上院議長と会談 平和条約の後押し要請

 【モスクワ杉尾直哉】ロシアを訪問中の公明党の山口那津男代表が14日、露上院でマトビエンコ議長と会談した。会談後、山口氏は記者団に「(北方領土の共同経済活動など)具体的な協力が実現しようとしている。平和条約締結に結びつけるため、上院議長としての後押しを要請した」と語った。マトビエンコ氏は「政府間協議が順調に進んでいる。結果に結びつけることが重要」との認識を示したという。

     一方、安倍晋三首相が目指す憲法9条改正について、山口氏は「自民党の中で意見が集約されておらず、国民の間でも理解が得られていない状況」と指摘。「公明党として乗れないのか」との質問には「そういうことを言っているのではない」と否定しつつ、「現状をしっかり認識して、今後どうするか検討すべきだ」と語った。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大相撲九州場所 白鵬の「物言い」注意 協会「価値下げないように」
    2. 自民・竹下氏 同性パートナー出席に反対 宮中晩さん会
    3. 宮古・健康施設 日ごろの疲れ吹っ飛ぶ「リンゴ風呂」
    4. 質問なるほドリ 藤井四段 昇段しないの?=回答・丸山進
    5. 三菱マテリアル 子会社が素材製品の検査データ改ざん

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]