メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公明・山口代表

露上院議長と会談 平和条約の後押し要請

 【モスクワ杉尾直哉】ロシアを訪問中の公明党の山口那津男代表が14日、露上院でマトビエンコ議長と会談した。会談後、山口氏は記者団に「(北方領土の共同経済活動など)具体的な協力が実現しようとしている。平和条約締結に結びつけるため、上院議長としての後押しを要請した」と語った。マトビエンコ氏は「政府間協議が順調に進んでいる。結果に結びつけることが重要」との認識を示したという。

     一方、安倍晋三首相が目指す憲法9条改正について、山口氏は「自民党の中で意見が集約されておらず、国民の間でも理解が得られていない状況」と指摘。「公明党として乗れないのか」との質問には「そういうことを言っているのではない」と否定しつつ、「現状をしっかり認識して、今後どうするか検討すべきだ」と語った。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 遭難父子 遺体発見 沢で寄り添うように 新潟の山中
    2. 加計と日大問題 似た構図、丸山真男の「無責任の体系」か
    3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
    4. 選挙 立川市議選 新議員28人決まる /東京
    5. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]