メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農機用エンジン事業分社化 新会社を10月発足

 三菱重工業は14日、農業機械用のガソリンエンジン事業を分社化し、名古屋市に本社を置く新会社を10月1日に発足させると発表した。事業運営の効率化と経営判断の迅速化が狙いで、国産ブランドとしての価値を高める考え。

     新会社は「三菱重工メイキエンジン」。グループ会社の農業機械用エンジン事業の開発や製造、販売などを集約する。資本金は3億円で新会社の従業員は約200人。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 坂村健の目 被ばく影響、科学界の結論
    2. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬
    3. トランプ氏 「国連で演説、恥ずかしい」…NYで抗議デモ
    4. 安室奈美恵さん 来年引退へ 公式サイトで発表
    5. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」 元料理人に正恩氏発言

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]