メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

安全保障省が露ソフトの使用停止を政府機関に通達

 米国土安全保障省は13日、連邦政府機関に対し、ロシアの大手情報セキュリティー会社「カスペルスキー」のセキュリティー対策ソフトやプログラムなどすべての製品の使用を停止するよう求める通達を出した。

     在米国ロシア大使館は同日、「米国のロシア嫌いはついに(コンピューターの)プラグラム市場にまで及んだ」との声明を発表し、厳しく批判した。インタファクス通信が伝えた。【ワシントン、モスクワ】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. WEB CARTOP オートマ車は「D」レンジのまま信号待ちをしてもクルマの負担にならないのか
    2. 五輪フィギュア 羽生が練習再開「痛み止めを飲んでる」
    3. 質問なるほドリ 日本発の迷惑外来種は? ワカメ、船に乗り世界へ コイ捨てられ増加=回答・大場あい
    4. 五輪スノーボード 岩渕、彗星のごとく 女子最年少16歳
    5. さいたま市議 「首つって死ね」委員会暴言、取り消し謝罪

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]