メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

安全保障省が露ソフトの使用停止を政府機関に通達

 米国土安全保障省は13日、連邦政府機関に対し、ロシアの大手情報セキュリティー会社「カスペルスキー」のセキュリティー対策ソフトやプログラムなどすべての製品の使用を停止するよう求める通達を出した。

     在米国ロシア大使館は同日、「米国のロシア嫌いはついに(コンピューターの)プラグラム市場にまで及んだ」との声明を発表し、厳しく批判した。インタファクス通信が伝えた。【ワシントン、モスクワ】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ベルギー 工場火災でワッフル焼ける 首都ににおい充満
    2. 大井競馬 出走馬から禁止薬物 1着を失格
    3. 米SF慰安婦像 民間交流補助金も打ち切りへ 大阪市長
    4. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕
    5. 日馬富士暴行 「貴ノ岩は40~50発殴られた」元旭鷲山

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]