メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小学生まくら投げ大会

児童100人参加し汗 宮崎で開催

互いの陣地から枕を投げる児童ら

 修学旅行で懐かしい「枕投げ」を競技にした「第2回小学生まくら投げ大会」が宮崎市内であった。市内の小学4~6年の児童約100人が枕を投げて汗を流した。

     市スポーツ推進委員協議会主催。同会員の公立大生が、まくら投げの全国大会を開く静岡県伊東市のルールを参考に企画、昨年から始めた。

     6人1組で対戦。お互い幅4メートル長さ5メートルの陣地から2分間、枕を投げる攻撃役、タオルケットで防ぐ防御役、枕拾い役に分かれて競い、当たらなかった人数を競った。会場には歓声と枕が飛び交った。

     昨年の大会に出場した後、自宅でも家族で枕投げをするという大宮小6年、大磯孝記さん(11)は「コントロールが利かないところが面白い」と話した。【塩月由香】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 五輪スケート 小平、親友の李相花と競い合い
    2. 五輪スケート 「勝て」と言わぬ支援者 小平、金の恩返し
    3. 将棋 里見香奈、女性初の棋士遠のく 奨励会退会決まる
    4. 五輪スケート 小平が「金」日本女子では初 500m
    5. Features・平昌の主役たち Vol.11 スキージャンプ男子団体 葛西紀明 レジェンド、折れぬ翼

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]