メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

根室沖衝突

タコかご漁船の1人不明、1人救助

転覆したタコかご漁船「第68ちはる丸」(手前)と、サンマ棒受け網漁船「第62稲荷丸」=釧路海上保安部提供

 14日午前5時10分ごろ、北海道根室市の落石岬の沖約25キロで、落石漁協所属のタコかご漁船「第68ちはる丸」(4.9トン、2人乗り)と宮城県漁協所属のサンマ棒受け網漁船「第62稲荷丸」(19トン、7人乗り)が衝突したと釧路市漁協から118番があった。ちはる丸が転覆し、甲板員の神奈川県南足柄市、鍵和田基龍(かぎわだ・きりゅう)さん(45)が行方不明になり、釧路海上保安部の巡視船などが捜索している。

     ちはる丸の船長で根室市の松宮亮殻(りょうたけ)さん(47)は救助され、病院に搬送された。稲荷丸の乗員にけがはなかった。

     釧路海保によると、現場付近の午前7時ごろの天候は雨で、波の高さは約1.5メートル、視界は約5キロだった。稲荷丸は13日夕に釧路港を出港してロシア海域に向け航行中で、ちはる丸は操業を終えた直後だった。【澤俊太郎】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 外国人技能実習 来日費用100万円、足かせ 滞る返済
    2. ORICON NEWS 『2017ブレイク女優ランキング』吉岡里帆が首位 “怪演”から“泣きの演技”までこなす演技力に支持
    3. NHK 特番で安室さん「デビューあれば絶対引退が来る」
    4. 三菱マテリアル 子会社が素材製品の検査データ改ざん
    5. 雨のち晴れ バブル崩壊で金策苦慮 山一証券会長・立川正人さん

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]