メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

気候変動観測衛星を公開 今年度中に打ち上げへ

今年度中に打ち上げられる予定の気候変動観測衛星「しきさい」=茨城県つくば市で2017年9月14日、大場あい撮影

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、筑波宇宙センター(茨城県つくば市)で気候変動観測衛星「しきさい」の機体を公開した。太陽光を反射する大気中の微粒子などを観測して気温への影響を調べ、地球温暖化の予測精度向上を目指す。今年度中に種子島宇宙センター(鹿児島県)からH2Aロケットで打ち上げる予定。

     機体は縦・横それぞれ約2.5メートル、高さ約5メートル、重さ約2トン。開発費は打ち上げ費用を含めて322億円。

     2種類のセンサーで19の波長帯の光を観測し、黄砂など大気中の微粒子や雲、地上の植物や積雪の分布などを調べる。一度に観測できる幅が1000~1400キロと広く、2日で地球全体を観測できる。250メートル四方を識別できる高い解析能力が特徴で、気象庁や米海洋大気局などにも観測データを提供するという。【大場あい】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 安室さん引退へ 小室哲哉さん「寂しさ感じるのは初めて」
    2. 国体優勝選手自殺 遺族が9000万円求め賠償提訴 岐阜
    3. 中国 高速鉄道 事故から「復活」 350キロ、世界最速奪還
    4. 空自小松基地 ミサイル、保管中に損壊
    5. 坂村健の目 被ばく影響、科学界の結論

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]