メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レッドリスト

アブラコウモリの仲間絶滅 最新版発表

 国際自然保護連合(IUCN)は14日、世界の絶滅危惧種のリスト(レッドリスト)の最新版を発表し、オーストラリア・クリスマス諸島に生息するアブラコウモリの仲間が絶滅したと宣言した。1980年代には広く生息していたが、2009年を最後に生息を確認できていない。アリなど外来種の拡大が絶滅の原因になった可能性があるとしている。

     一方、世界自然遺産の小笠原諸島(東京都)だけに生息するオガサワラオオコウモリについては、絶滅リスクを1段階下げ、絶滅危惧1B類とした。

     地元のNPO法人などは05年から、野生化したネコを捕獲して本土へ送る対策を実施。環境省によると、10年に約130頭だったオガサワラオオコウモリは現在では最大約600頭に増えた。

     森林総合研究所の川上和人主任研究員は「捕食者となりうるネコの排除が進み、生息環境が改善されたのではないか」と指摘。IUCN日本委員会は「絶滅危惧種に変わりはなく、楽観はできない」と話している。【五十嵐和大】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 千葉市教委 「日焼け止め使用許可を」全中学に通知へ
    2. 近鉄 南大阪線、26日にも再開 橋脚傾き運転見合わせ
    3. 大川小津波訴訟 2審の仙台高裁も石巻市と県に賠償命令
    4. ストーリー 大川小「無念と責任」胸に(その1) 教員遺族、語り継ぐ
    5. 山口メンバー 「世の中騒がせた」涙で謝罪 無期限謹慎

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]