メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

婚約内定後、初の公務 大勢の市民ら祝福

 秋篠宮家の長女眞子さまは14日、「国際陶磁器フェスティバル美濃’17」の開会式出席のため、岐阜県多治見市に入られた。婚約内定後の初の公務。JR多治見駅前では出迎えた大勢の市民らから「お幸せに」「おめでとうございます」などの声があがり、眞子さまは手を振ったり、子供らと握手をしたりして笑顔で応じていた。

     眞子さまはフェスティバルの名誉総裁を務める。同日は、市内で「国際陶磁器展美濃」を見学。国内外から出品された作品に熱心に見入った。15日に開会式に出席する。【山田奈緒】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. O157 発症の総菜店が閉店
    2. メキシコ地震 「なぜ何度も災難に」32年前と同じ日に
    3. 警視庁 東京都職員を逮捕…児童ポルノ禁止法違反容疑
    4. カップヌードル 話題の謎肉パック8時間で完売
    5. 大阪府警 ミナミで半グレ調査 みかじめ料、暴対法抜け穴

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]