メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

専用ダイヤルに苦情殺到 回線増設も

 日本年金機構は14日、約10万人が対象で総額598億円に上る年金支給漏れが判明したことを受けて、専用ダイヤル(0570・030・261)を開設した。受け付け開始直後から問い合わせや苦情が殺到し、用意した10回線がすべてふさがることも。年金機構は推移を見て回線の増設も検討するという。

     支給漏れの可能性があるのは、1926年4月2日以降生まれで現在65歳以上の人。特に夫が公務員や私立学校の教職員だった専業主婦が多いとみられる。未払い額は1人平均56万円。

     専用ダイヤルでは、支給漏れに該当するかどうかと、およその未払い額が分かる。年金証書や支給額変更通知書など、基礎年金番号が分かる書類が必要。常設の「ねんきんダイヤル」(0570・05・1165)や各地の年金事務所でも対応するが、同機構広報室は「事案が複雑で説明が難しいため、できる限り専用ダイヤルにかけてほしい」と呼び掛けている。時間は平日午前8時半~午後5時15分。【山田泰蔵】

    ■支給漏れの可能性がある人

    ▽1926(大正15)年4月2日以降生まれで、現在65歳以上

    ▽65歳の時、配偶者(事実婚を含む)に扶養されていた

            ↓

    (上の二つを満たした人のうち、下の二つにも当てはまれば特に確認を)

    ▽厚生年金や共済年金への自身の加入期間が20年未満

    ▽配偶者が公務員や私学の教職員として20年以上勤務

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 北朝鮮 正恩氏「超強硬対応」 太平洋で水爆実験を示唆
    2. 河野外相 北朝鮮との「断交」要求 米講演で各国に
    3. 坂村健の目 被ばく影響、科学界の結論
    4. 特集ワイド 北朝鮮、6回目の核実験 正恩氏、覚悟の秘密演説 敵どもの強硬には超強硬で/政治思想的威力で戦争勝利
    5. 川栄李奈 菜々緒と“Sキャラ姉妹”で初登場 仲良しぶり見せる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]