メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風18号

16日に九州接近の恐れ 暴風、高波に警戒

 非常に強い台風18号は14日、東シナ海を北上した。15日には東寄りに進路を変え16日に九州に接近、17日ごろにかけて西日本は大荒れとなる恐れがある。九州南部に停滞する前線の活動も活発となる見込みで、気象庁が大雨や暴風、高波に警戒を呼びかけている。

     台風18号は14日午後9時現在、沖縄県・久米島の西北西約260キロにあり、ゆっくりと北に進んでいる。中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速50メートル、最大瞬間風速70メートル。中心から半径200キロは風速25メートル以上の暴風域となっている。

     沖縄地方は14日、一時暴風域に入り、宮古島は50年に1度の記録的な大雨となった。宮古島市の多い所で24時間雨量が500ミリを超えた。

     気象庁によると、九州南部は15日、雷を伴って非常に激しい雨の降る恐れがあり、同日午後6時までの24時間雨量は多い所で180ミリと予想。16日にかけて降水量はさらに多くなる見込み。【中村敦茂】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 訃報 スピードスケートの住吉都さんが死去 ソチ五輪代表
    2. 湖池屋 ポテチ最大2割増量へ じゃがいも復活感謝祭
    3. 草津白根山噴火 噴石で陸自隊員1人死亡 11人重軽傷
    4. 中国 ヒップホップ禁止 反体制文化を警戒か
    5. クローズアップ2018 草津白根山噴火 気象庁ノーマーク

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]