メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フジテレビ系

裏付け取材の重要性強調 BPO委員長談話

 フジテレビ系の2情報番組が相次いでインターネット上の架空の情報を事実として放送したことを受け、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は14日、川端和治委員長の談話を発表。裏付け取材の重要性を強調する一方で、疑問が解消するまで放送すべきではないと声を上げる強さが制作者に必要と指摘。放送局もそうした職場環境の構築などを行うべきだとした。2番組は「ワイドナショー」「ノンストップ!」。「ワイドナショー」は5月28日の放送で、ネットに書き込まれた映画監督の引退を巡る架空の発言をフリップで紹介。「ノンストップ!」は6月6日の放送で、人気氷菓に「火星ヤシ」味があると画像を交えて紹介したが、商品は実在しないものだった。両番組とも、後日の放送で情報が誤っていたと謝罪した。【屋代尚則】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ジストシネマ伊賀上野 20年親しまれ、きょう閉館 /三重
    2. 金の言葉 羽生結弦 平昌五輪2018/1 いろんなものを犠牲に頑張ったご褒美 連覇の誇り、かみしめ
    3. 五輪カーリング 日本女子、英国に敗れ5勝3敗
    4. 米軍機 タンク投棄、氷突き破る 200m先に漁船 青森
    5. 米軍機 エンジン出火、湖にタンク投棄 周囲で漁船操業 青森

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]