メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

裏付け取材の重要性強調 BPO委員長談話

 フジテレビ系の2情報番組が相次いでインターネット上の架空の情報を事実として放送したことを受け、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は14日、川端和治委員長の談話を発表。裏付け取材の重要性を強調する一方で、疑問が解消するまで放送すべきではないと声を上げる強さが制作者に必要と指摘。放送局もそうした職場環境の構築などを行うべきだとした。2番組は「ワイドナショー」「ノンストップ!」。「ワイドナショー」は5月28日の放送で、ネットに書き込まれた映画監督の引退を巡る架空の発言をフリップで紹介。「ノンストップ!」は6月6日の放送で、人気氷菓に「火星ヤシ」味があると画像を交えて紹介したが、商品は実在しないものだった。両番組とも、後日の放送で情報が誤っていたと謝罪した。【屋代尚則】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 北朝鮮 正恩氏「超強硬対応」 太平洋で水爆実験を示唆
    2. 河野外相 北朝鮮との「断交」要求 米講演で各国に
    3. 坂村健の目 被ばく影響、科学界の結論
    4. 特集ワイド 北朝鮮、6回目の核実験 正恩氏、覚悟の秘密演説 敵どもの強硬には超強硬で/政治思想的威力で戦争勝利
    5. 川栄李奈 菜々緒と“Sキャラ姉妹”で初登場 仲良しぶり見せる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]