メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フジテレビ系

裏付け取材の重要性強調 BPO委員長談話

 フジテレビ系の2情報番組が相次いでインターネット上の架空の情報を事実として放送したことを受け、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は14日、川端和治委員長の談話を発表。裏付け取材の重要性を強調する一方で、疑問が解消するまで放送すべきではないと声を上げる強さが制作者に必要と指摘。放送局もそうした職場環境の構築などを行うべきだとした。2番組は「ワイドナショー」「ノンストップ!」。「ワイドナショー」は5月28日の放送で、ネットに書き込まれた映画監督の引退を巡る架空の発言をフリップで紹介。「ノンストップ!」は6月6日の放送で、人気氷菓に「火星ヤシ」味があると画像を交えて紹介したが、商品は実在しないものだった。両番組とも、後日の放送で情報が誤っていたと謝罪した。【屋代尚則】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. そこが聞きたい 慰安婦問題 日韓合意1年 元アジア女性基金専務理事・和田春樹氏
    2. 詐欺 女子高生を逮捕 100万円だまし取った容疑
    3. 潜水艦不明 酸素欠乏の可能性 アルゼンチン「重大局面」
    4. WEB CARTOP 最近のタクシー車内で「無線の声」を聞かなくなった理由とは
    5. 大相撲 白鵬物言いを厳重注意 協会審判部

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]