メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

車両不具合で停車 救援車と連結し門司駅に

 14日午後7時半ごろ、JR山陽線下関-門司間の関門トンネル内で、行橋発下関行き普通電車(4両編成)が車両の不具合で停車した。救援のディーゼル機関車と連結し、約3時間後の同10時40分すぎに現場を出発、同11時ごろ門司駅に引き返した。立ち往生した間も照明や空調は稼働し、乗客約160人にけがなどはなかった。

     JR九州によると、モーターの不具合が原因とみられ、電車が徐々に減速してトンネル内で停車した。下関-門司間で後続の上下線10本が運休するなどしたが、下りの別の線路を使い順次再開した。【柿崎誠】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 疫学調査 魚たくさん食べる人、うつ病リスク半減
    2. 防府市長 慰安婦言及教科書「採択中止願うはがき」
    3. 麻生太郎氏 ヒトラー発言撤回 釈明と反論も展開
    4. ORICON NEWS 『けもフレ』運営側、監督の降板騒動受け経緯説明 作品利用めぐり意見の相違か
    5. 衆院選2017 「国政の壁」口実? 小池新党、どこへ行く

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]