メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

会長らが再開目指すJヴィレッジを視察

天然芝が敷かれたJヴィレッジのグラウンドを視察する日本サッカー協会の理事ら=共同

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長や西野朗技術委員長ら役員や理事が14日、来夏の一部再開を目指すサッカー施設Jヴィレッジ(福島県楢葉町、広野町)を視察し、天然芝が敷かれたグラウンドや建設中の全天候型練習場を見て回った。

     1997年に開設したJヴィレッジは東日本大震災後に東京電力福島第1原発事故の対応拠点となり、ピッチに砂利やアスファルトを敷き詰めて作業員の駐車場や資材置き場、ヘリポート、社員寮などに利用された。

     2019年4月には全面再開の予定で、復旧工事や作業が進む。芝生の緑が戻ってきた施設に、田嶋会長は「すぐにでも日本代表が練習できそうだ」と喜んだ。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. チビチリガマ荒らし 「歴史知らなかった」逮捕の少年
    2. 東京都顧問 小島氏が辞職 都民ファーストに転身へ
    3. 金正男殺害事件 オウム中川死刑囚がマレーシア政府に協力
    4. トランプ大統領 「中国にとても失望、北朝鮮に何もせず」
    5. 特集ワイド 北朝鮮、6回目の核実験 正恩氏、覚悟の秘密演説 敵どもの強硬には超強硬で/政治思想的威力で戦争勝利

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]