メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲秋場所

日馬が3日連続の金星配給 阿武咲5連勝

 大相撲秋場所5日目の14日、日馬富士は平幕・阿武咲の動きについていけず3連敗。3日連続で金星を配給するのは、2003年名古屋場所の武蔵丸以来。阿武咲は、唯一の5連勝。

     1敗は4連勝の千代大龍を退けた豪栄道のほか、この日敗れた琴奨菊ら平幕6人。カド番の照ノ富士は早くも4敗目を喫した。右足の炎症などで初日から休場していた佐田の海は、6日目から出場する。

    大関・照ノ富士が左膝痛める 大関陥落の危機

     大関・照ノ富士が左膝を痛めた。松鳳山にもろ差しを許したが、両腕をきめて土俵際に寄ろうとした時に力が抜け、逆に寄り切られた。負け残りの土俵下では左足を投げ出して座る姿。病院に行くといい、翌日については「どうなっているか見てから」と話した。カド番で迎えた今場所だが既に1勝4敗。振るわないところに災難に見舞われ「しょうがないです」。2年余りで14場所務めた大関から陥落する危機を迎えてしまった。

    豪栄道1敗守る「集中するだけ」

     豪栄道が全勝の千代大龍を土俵際で逆転し、1敗を守った。「相手は調子が良いので、簡単には勝てないと思った」と、押し込まれる苦しい展開だったが、俵に足をかけてから、はかったように左で突き落とした。

     変わり気味の立ち合いが2日続いた後、この日は防戦一方。前に出る相撲が見られないが、カド番で落とせない状況の中、かろうじて星を拾っている。上位では唯一の1敗にも「場所を引っ張ることを意識できる状況ではない。次の一番に集中するだけ」と話した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 岩倉こ線橋 撤去進む謎の橋 田んぼの中ポツン 愛知
    2. ORICON NEWS 大槻ケンヂ「朝7時、ダムに集合」に衝撃 東映特撮の洗礼受ける
    3. イチロー 便り待つ冬 日米の古巣2球団、獲得意欲に差
    4. 不正輸出 中国人留学生、軍・大学に10点売り込み
    5. 自民・山本前地方創生担当相 アフリカを「あんな黒いの」発言

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]