メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まいスタイル@ストリート

(70)デザイン豊富なかごバッグ

ふたがついていて、中身が見えないようになっているかごバッグ=日本ファッション協会提供

 かごバッグで注目すべきは、バリエーションの豊富さだ。今年人気のバケツ型から、以前は見られなかったピクニックバスケットまでさまざまな形がある。ナチュラルなかごバッグにあえて異素材を組み合わせたものや、持ち手にスカーフが巻かれたものもある。デザインが豊富なため、ナチュラルなスタイルだけでなく、シンプルなコーディネートのポイントとして加えるなど、より日常的に使いやすくなった。

 使ってみると、意外と機能性にも優れている。マチが円形で、同じサイズのバッグより圧倒的に収納力がある…

この記事は有料記事です。

残り1695文字(全文1932文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです