メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長部日出雄の映画と私の昭和

「ゴッドファーザー」(米国・1972年)

新人コッポラの迫力

 約2年半の津軽住まいを終えて再上京した昭和47(1972)年に強烈な衝撃を受けたのが、米国のマフィア社会の恐るべき全貌をきわめて劇的に描いた「ゴッドファーザー」だ。原作は作家マリオ・プーゾの大ベストセラーだが、映画化となれば、当然イタリア系移民の暴力団であるマフィアとの軋轢(あつれき)が予想されるから、演出は会社側が候補に選んだ何人もの監督に断られ、血筋と名前がイタリア系という理由で監督としてはまだ無名に近い32歳のフランシス・コッポラに白羽の矢が立った。もし先に交渉されただれかが引き受けていたら、私たちが接した非凡な映画は誕生していなかったのだ。

 オファーを受けた時「大衆的なベストセラーの映画化なんかやりたくない。僕が作りたいのは芸術的な映画な…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 特集ワイド 「アベ政治ノー」訴え続ける 木内みどりさん 「言うべきこと」萎縮無用
  3. 韓国国防省「日本が近接飛行」 東シナ海暗礁付近
  4. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱
  5. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです