メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時評・点描

TLでも世界レベル期待=薫田真広

 ラグビー・トップリーグ(TL)が先月18日に開幕し、4節までを終えた。2カンファレンス制へのフォーマット変更で1勝の重みがより増加し、4連勝のパナソニック、サントリーなど、開幕に照準を合わせて仕上げてきたトップチームの安定感が目立っている。

 今季からワールドカップ(W杯)使用球を導入したが、このボールは暑さのある夏の戦いでは汗などで滑りやすい。W杯本番の気象条件は分からないが、ある程度暑いことも想定できる。選手がボールに慣れ、どうスキルを高めていくか。適応力が重要になる。

 強化の視点で感じるのはスクラムの組み直しが多く、インプレーの時間が短いということ。プレー時間を多く…

この記事は有料記事です。

残り570文字(全文859文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日」中傷 横行を考える 是枝監督「今日性浮き彫り」
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 東京五輪 34度超え予測、熱中症対策早急に 研究者ら
  4. 東京五輪 夏のTOKYO 暑すぎて選手も観客もヤバイ!
  5. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]