メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 <1>大相撲の経済学(中島隆信著/ちくま文庫/品切れ)

 <2>すなまわり(鶴川健吉著/文藝春秋/1350円)

 <3>勝手に大相撲審議会(やくみつる、デーモン閣下著/中央公論新社/1728円)

 大相撲ブームがしばらく続いています。現在はこれに乗って入門書や解説書のたぐいは山と出ていますが、今回はある程度相撲を知った人たち(あるいは、今の情勢は知らずとも、昭和の時代に楽しんでいた人たち)にとって面白いものを選んでみました。いずれも数年前、大相撲が今のような人気になる以前に、大相撲とある程度の距離を取って書かれたものです。

 『大相撲の経済学』。経済と言ってもお相撲さんの給料が云々(うんぬん)というようなカネの話に終始する…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  2. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  3. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  4. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  5. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです