メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キズとカタチの総合医

臓器別外科のはざまで=桜井裕之・東京女子医科大学形成外科教授

 体の中の各臓器には独特の構造と機能があります。だから、各臓器に特有の病気があり、その病気に対応した手術法があります。

 それ故に、外科は臓器別に専門性を高めることで発展してきました。でも、そのはざまで、傷を治す専門家が誰なのか分かりにくくなってしまいました。形成外科の出番です。二つの例をご紹介しましょう。

 先日、私たちの形成外科外来に、脳神経外科で脳腫瘍の手術を受けた60歳代の女性患者さんが来られました…

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文984文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米「ソウルの女王」 アレサさん危篤 グラミー賞18回
  2. 日本文学研究者 キャンベルさん、同性愛公表し議員批判
  3. 戦争を知らないけれど /1(その1) 42歳、玉砕を漫画に 生還兵「あなたは戦ったのか」
  4. 山口2歳児不明 ドローンも使い捜索も手がかりなく
  5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです