メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キズとカタチの総合医

臓器別外科のはざまで=桜井裕之・東京女子医科大学形成外科教授

 体の中の各臓器には独特の構造と機能があります。だから、各臓器に特有の病気があり、その病気に対応した手術法があります。

 それ故に、外科は臓器別に専門性を高めることで発展してきました。でも、そのはざまで、傷を治す専門家が誰なのか分かりにくくなってしまいました。形成外科の出番です。二つの例をご紹介しましょう。

 先日、私たちの形成外科外来に、脳神経外科で脳腫瘍の手術を受けた60歳代の女性患者さんが来られました…

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文984文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  3. 狛江市 市長が辞意を正式表明 セクハラ、被害者に謝罪へ
  4. 火災 住宅全焼、1人死亡 不明の10歳長男か 埼玉
  5. マクドナルド福増町店 道路の真ん中に!? 味なことやる バイパス遊休地を活用 /北陸

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]