メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

命から学んで

農芸高創立100周年/11 家畜の「生かし方」考える 鳥の食肉処理に挑戦 /大阪

 府立農芸高校(堺市美原区)の資源動物科総合環境専攻は、昭和40年代にはシェア8割で全国1位だった伝統の「大阪のカモ」復活を目指し、カモ肉ブランド化を研究している。世話をしてきたアイガモを食肉処理する実習があり、生徒たちは「生き物が食に変わる」経過を目の当たりに学ぶ。

 まず上級生がデモンストレーション。2人が後ろからアイガモを押さえ、もう1人が首を持って「ここがあごの骨。ここに気管があるから引っ張って、後ろにある頸動脈を切る」と説明する。鳥の命脈が尽きていくのを、1年生は声もなく凝視した。

 実習前、箱に入れられ鳴くアイガモを、1年の鈴木かな穂さんは一人、見つめ続けていた。「動物が好きで入…

この記事は有料記事です。

残り1281文字(全文1578文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです