メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

選挙

えびの市長選/えびの市議選 告示 現新の一騎打ち 人口減対策や医療など争点 市議選は18人が立候補 /宮崎

 任期満了に伴うえびの市長選と市議選(定数15)が17日、告示された。市長選は、新人で福岡市の会社経営、加藤正博氏(49)と、3選を目指す現職の村岡隆明氏(54)=自民党えびの支部、公明推薦=の無所属2人が立候補した。人口減対策や地域医療の充実、観光、農業振興などを争点に舌戦を展開している。【重春次男】

 ◆市長選候補者の第一声(右から届け出順)

この記事は有料記事です。

残り1162文字(全文1335文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. 読売新聞記者がセクハラ 懲戒処分へ
  3. 人口動態統計 10~14歳死因、自殺最多 17年100人、動機不明が突出
  4. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです