メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮ミサイル

米軍、常時監視態勢 日韓と情報共有

 【ワシントン会川晴之】北朝鮮の弾道ミサイル発射が相次ぐ中、米軍は24時間態勢で北朝鮮のミサイル発射地点の監視を続けているとみられる。無人偵察機「グローバルホーク」などで発射前から動向を把握、日韓両国もこうした情報を共有している模様だ。発射後は早期警戒衛星やイージス艦、日本国内に設置したレーダーで追尾し軌道を予測、迎撃態勢を整えている。

 北朝鮮の中距離弾道ミサイル「火星12」が日本列島上空を飛行した15日朝、安倍晋三首相は首相官邸で「…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国、「威嚇飛行」の画像公開 レーダーデータも
  2. 26歳の阪神・原口文仁捕手、大腸がん公表
  3. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  4. 韓国、日本に検証を改めて要請 レーダー照射問題
  5. 大坂が日本勢初の決勝進出 全豪テニス

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです