メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

常勝へ

工藤ホークス/上 輝き放った「工藤塾生」 厳しい練習、東浜台頭

先発陣の柱として成長した東浜=和田大典撮影

 パ・リーグで2年ぶりの優勝を果たしたソフトバンクは、安定感ある投手陣が快走の支えとなった。存在感を見せたのは、就任3年目の指揮官の下で研さんを積んだ「工藤塾生」たち。厳しく豊富な練習が、目に見える形で結果を出し始めている。

 優勝がかかった16日の西武戦。先発マウンドに立ったのは、今季のチームの勝ち頭で5年目の東浜だった。開幕投手を務めた和田や2年連続2桁勝利の武田らが離脱する中、シーズン通して先発ローテーションを守ってきた今季の柱。その背番号16の成長株が、自身16勝目を挙げてチームを優勝に導いた。出来すぎのようなストーリーに「いいんじゃない。苦しい時に連勝してくれた投手だから」と工藤監督。その目は期待感で輝いていた。

 東浜は工藤監督が手塩にかけて育ててきた。秋季キャンプでは体幹トレーニングで体をいじめ抜き、昨季から…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文842文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 日本テレビ イッテQ疑惑で大久保社長謝罪 祭り企画休止
  3. 日本テレビ イッテQやらせ疑惑で不適切演出認める
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです