メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナビゲート2017

用語変更で差別は解消されるか?=粥川準二(科学ライター)

 今月、日本遺伝学会が、長らく使われてきた遺伝学用語である「優性」と「劣性」を、それぞれ「顕性」と「潜性」とに改めることが明らかになった。優性とは、生物における遺伝において、メンデルの法則に従って現れやすい性質のこと。劣性とは、現れにくい性質のことである。差別的なニュアンスを醸しやすい言葉だ。

 昔、知ったかぶりの人が「耳の中が湿っている人は優れている。なぜなら耳の中を湿らせる遺伝子は“優性遺伝子”だからだ」と説明するのを聞いたことがあるが、優性遺伝子は劣性遺伝子に対して優れているわけではない。こうした誤解が減るならば、この変更は歓迎だ。また、生物…

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文690文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 ソウルの女王 アレサ・フランクリンさん76歳
  2. ユーチューバー 玉石混交、過激動画も相次ぐ
  3. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  4. 加賀市議会 名誉毀損、乾市議が辞職 「当然」市民怒りの声 /石川
  5. 鳥栖 中1いじめ、謝罪の市 提訴で態度一変「知らない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです