メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

HOT!!プロ野球

右の大砲、日本ハム・横尾健在 「強く振る」意識

 大学時代、右の長距離打者として鳴らした男がプロでも同じスタイルを貫き、飛躍のきっかけをつかんだ。プロ2年目の日本ハム、横尾俊建内野手(24)。今季、出場機会が増え、豪快なスイングから生み出される長打で存在感を示している。【荻野公一】

 8月27日の楽天戦(コボパーク宮城)。四回に、相手先発の釜田の直球をとらえ、左翼席にプロ初本塁打を運んだ。「仙台のホームランですごく自信が付いた。飛距離も、弾道も」と、横尾は自身のスタイルに確かなものを感じた。

 東京・日大三高では、2011年夏の甲子園で全国制覇に貢献した。慶大でも主軸を任され、4年生のとき、…

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文684文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 盗撮 法の不備あらわ 被害者、流出おびえ
  3. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  4. いま、性被害を語る 男はなぜ痴漢をするのか 性犯罪加害者治療に取り組む斉藤章佳さん 
  5. なりすまし 後絶たず 盗撮画像を添付/別人のわいせつ写真掲載 恐怖・不安、被害者「法整備を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです