メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

流浪の果てに

イランのアフガン難民/1 「聖戦」だまされ激戦地へ 訓練8日間だけ

アフガニスタン人の若者。招集場所の施設周辺をうろつき、誰かを待っているようだった=イランの首都テヘラン近郊のベヘシュテ・ザフラで2017年7月27日

 「ゼイナブ廟(びょう)を守るジハード(聖戦)だ」。2014年、シリアに派兵されたアフガニスタン難民の30代の男性は、イラン革命防衛隊の担当者からこう言われた。男性は熱心なイスラム教徒で、イランが国教とするシーア派の信者。シリアの首都ダマスカスにある同派の聖地ゼイナブ廟を守りたいと戦闘に参加した。

 ところが、送り込まれたのは北に約350キロ離れたシリア北部の激戦地アレッポ。当時、アサド政権軍と親欧米の反体制派武装組織「自由シリア軍」、過激派組織「イスラム国」(IS)が三つどもえの戦いを繰り広げていた。男性はアフガン人の民兵「ファテミユン」のメンバーとして、アサド政権側についた。

 部隊は約100人。ある夜、人けのない地帯に足を踏み入れると銃撃を受けた。銃だけでなく携帯式対戦車用…

この記事は有料記事です。

残り930文字(全文1272文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  5. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]