メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『茄子の輝き』滝口悠生・著

じっくり言葉を醸成し読み手に伝えてくれる

◆『茄子の輝き』滝口悠生・著(新潮社/税別1600円)

 会話のラリーが続き、その合間にちょこちょこと背後の風景が挟まれるという構成の小説は多い。私は、そういうスタイルが苦手だ。それほど、人は本心を声に出しっぱなしではないはず、と、白けてしまう。主人公が自分の中におりていき、そこで言葉を醸成する小説が読みたいなあ。

 『茄子の輝き』は、求めていたとおりの、辿(たど)りたかった文体で綴(つづ)られる小説だった。もし、…

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文912文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言
  3. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  4. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  5. アメリカンフットボール 悪質反則 「監督指示」 日大選手主張へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]