メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『茄子の輝き』滝口悠生・著

じっくり言葉を醸成し読み手に伝えてくれる

◆『茄子の輝き』滝口悠生・著(新潮社/税別1600円)

 会話のラリーが続き、その合間にちょこちょこと背後の風景が挟まれるという構成の小説は多い。私は、そういうスタイルが苦手だ。それほど、人は本心を声に出しっぱなしではないはず、と、白けてしまう。主人公が自分の中におりていき、そこで言葉を醸成する小説が読みたいなあ。

 『茄子の輝き』は、求めていたとおりの、辿(たど)りたかった文体で綴(つづ)られる小説だった。もし、…

この記事は有料記事です。

残り685文字(全文912文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  3. 消費増税 19年10月から10% 安倍首相 閣議で表明
  4. 強盗 現金5100万円奪われる 顔面に液体塗りつけられ
  5. 事故 バイク3台転倒、男女6人死亡2人重傷 奈良の国道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです