メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊戯三昧

ナダル「真の王者」証明=杉山愛

 男子トップ選手の負傷、欠場が相次いだテニスの全米オープンは、31歳の第1シード、ラファエル・ナダル(スペイン)が制した。女子は今年1月に足の手術を受けた24歳のスローン・スティーブンス(米国)が初優勝。選手の自己管理能力の重要さを感じさせられた。

 トップ選手にはグランドスラムやマスターズの大会への出場義務があり、それなりの試合数をこなさなくてはならない。私も2003年に世界ランキング10位入りを果たしたが、翌年は「けがでもしないと休めないな」と思ってしまうぐらい大変だった。しかし、トップ選手がツアー大会を引っ張り、スポンサーがつくことで大会賞金が上がっている面もある。チームでのマネジメントはもちろん、選手自身が体力面だけでなくモチベーションも上げていける繊細な調整が必要だ。

 今回、錦織圭(日清食品)をはじめノバク・ジョコビッチ(セルビア)、アンディ・マリー(英国)、スタン…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文863文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. 特集ワイド 「右」「保守」にも「安倍政権NO」
  5. Hey!Say!JUMP 岡本さん活動休止、米留学へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]