メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

流浪の果てに

イランのアフガン難民/2 言論・思想を監視

「信仰心を悪用された」と語るアフガニスタン難民の30代男性=イラン国内で2017年7月、田中龍士撮影

 アフガニスタン難民の派兵問題について取材を開始して数カ月後の2015年春、イランの毎日新聞テヘラン支局に「アフガン難民」を名乗る男が現れた。シリアの紛争地域に派遣された経験があるという触れ込みで、知り合いの難民から紹介された。

 男は「37歳。アフガン北西部出身の両親を持ち、イランで生まれた難民2世。テヘラン近郊のカラジから乗用車で来た」と語った。社会の底辺で苦しむことの多い難民が、車や運転免許証を持つのは珍しい。不審に思い免許の有無を尋ねると「ない」。

 男は右手に車のリモコンキーのような物を持っていた。その手を記者に向けると「カチッ」と音がした。支局…

この記事は有料記事です。

残り730文字(全文1009文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あしなが育英会 奨学金利用の母子家庭 6割が就労不安定
  2. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  3. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです