メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メキシコ地震

「なぜ何度も災難に」32年前と同じ日に

 【サンパウロ山本太一】前回のマグニチュード(M)8.1の地震からわずか12日後、M7.1の強烈な地震がメキシコを襲い、200人超が亡くなった。19日は1万人以上が死亡したメキシコ地震からちょうど32年の節目にあたり、避難訓練が開かれた。市民は「なぜこんなに何度も災難に遭うのか」と肩を落とした。

 「自分が生きているのが信じられない」。メキシコ市で全壊したビルの2階にいたエルナンデスさん(28)は、米紙ニューヨーク・タイムズに、声を震わせながら語った。どうにか逃げ出したものの、足をけがした。

 建物の中に何人が閉じ込められたかは分からないという。数十人の警察官や救急隊員ががれきを取り除いて救出作業にあたり、建設労働者もがれきの運搬を手伝っていた。

 建物から救出された負傷者が救急車で搬送されたり、被災者が路上に横たわったりしていた。担架に寝ていたガブリエラさん(28)は全身血まみれで、衝撃のあまりか、ほとんど言葉がなかった。地震発生時、ビル6階にいたが、命は助かった。血は彼女のものではなく、ビルが崩壊したときに他人の血が降りかかったものだと説明した。

 別の崩壊した建物で救助作業にあたっていたディアスさん(66)は「まるで神が私たちに怒り、焼き滅ぼされた町のようだ。我々の団結が始まる時だ」と語った。

 約900万人が暮らし、多数の高層ビルが並ぶ世界有数の都市メキシコ市でも、多数の建物倒壊が起きた。今回の震源はメキシコ市から約100キロで、前回よりも近いため被害が大きくなったとみられる。7日の地震では震源から1000キロ以上離れたメキシコ市では重大な被害は報告されなかった。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鉄道 台風予測 広がる「計画運休」 リスクを回避
  2. 県教委 バイク免許に新要項 高校生「3ない運動」廃止 /埼玉
  3. 三越伊勢丹 2店閉鎖へ 相模原と府中、来年9月末めどに
  4. 事故 声優の平野綾さんが追突 けがなし 東京
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです