メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の出発点

山田詠美さん『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』 「女流」の概念崩す

 オレの時より、少し声が小さかったようだぜ。小さな紙切れにはそう書かれていた。それを見た男たちは二度と彼女の部屋を訪れなかった。SHITと彼女は舌打ちをしながらも安らかな気持になり、悪くないわと呟いた。(『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』幻冬舎文庫より)

 長く読み継がれる普遍的な作品群をものし、押しも押されもせぬ存在だ。生々しい性愛、思春期の揺れる心、そして人が死ぬということ。どんな小説も甘いロマンとは無縁だ。時にカミソリのように切れ、時に冷笑的。それでも、清らかな倫理と品格に頬を張られたような思いになるのが山田文学である。

 20歳ごろから小説を書き始め、「ベッドタイムアイズ」で1985年に文芸賞を受賞。日本の米軍基地周辺…

この記事は有料記事です。

残り1651文字(全文1971文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. プロ野球 ドラフト情報 吉田「野球が仕事に」
  3. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです