メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銀のひとたち

世界遺産登録10周年/9 「森のどんぐりくらぶ」代表・松場奈緒子さん 移住者の橋渡ししたい /島根

「子どもたちと喜びを共有できる地域を守っていきたい」と話す松場奈緒子さんと次女の奈々ちゃん=島根県大田市大森町で、関谷徳撮影

 石見銀山遺跡を世界遺産登録に導いた原動力に、大田市大森町の伝統的建造物群保存地区に暮らす人口約400人の日々の営みがある。石見銀山生活文化研究所の役員、松場奈緒子さん(33)は2015年4月に「地域全体の支援グループになれば」と、地域の赤ちゃんサークル「森のどんぐりくらぶ」を設立した。子育て支援で、世界遺産の町を次世代へとつなぐ取り組みの一つだ。

 石見銀山の経営で成り立っていた大森町は1923(大正12)年の閉山とともに、勢いを失い始めた。それ…

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文984文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです