メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銀のひとたち

世界遺産登録10周年/9 「森のどんぐりくらぶ」代表・松場奈緒子さん 移住者の橋渡ししたい /島根

「子どもたちと喜びを共有できる地域を守っていきたい」と話す松場奈緒子さんと次女の奈々ちゃん=島根県大田市大森町で、関谷徳撮影

 石見銀山遺跡を世界遺産登録に導いた原動力に、大田市大森町の伝統的建造物群保存地区に暮らす人口約400人の日々の営みがある。石見銀山生活文化研究所の役員、松場奈緒子さん(33)は2015年4月に「地域全体の支援グループになれば」と、地域の赤ちゃんサークル「森のどんぐりくらぶ」を設立した。子育て支援で、世界遺産の町を次世代へとつなぐ取り組みの一つだ。

 石見銀山の経営で成り立っていた大森町は1923(大正12)年の閉山とともに、勢いを失い始めた。それ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです