メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

流浪の果てに

イランのアフガン難民/3 安心も職もない

アフガニスタンで亡くなった長老、アフマドアリ・ジャファリさんをしのび、イランの首都近郊カラジのモスクで追悼するアフガン難民ら=今年2月24日

 「極寒の山中を3時間ほど歩くと頂に着いた。道端に力尽きて、うずくまった老人が見えた。あたりには人骨や遺体もあった」

 アフガニスタン中部ガズニ州出身のアクバリさん(26)は2009年冬、同国西部ニムルーズ州からイランを目指した。道は細く、岩を乗り越えなければ進めない場所もあり、「踏み外せば滑落する危険もあった」。

 国境を越えたのは夜。目の前には、針金を巡らせた高さ約3メートルの壁が立ちはだかる。用意したはしごで…

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1002文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  2. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  5. アメフット 日大学長が緊急会見 一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]