メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

流浪の果てに

イランのアフガン難民/3 安心も職もない

アフガニスタンで亡くなった長老、アフマドアリ・ジャファリさんをしのび、イランの首都近郊カラジのモスクで追悼するアフガン難民ら=今年2月24日

 「極寒の山中を3時間ほど歩くと頂に着いた。道端に力尽きて、うずくまった老人が見えた。あたりには人骨や遺体もあった」

 アフガニスタン中部ガズニ州出身のアクバリさん(26)は2009年冬、同国西部ニムルーズ州からイランを目指した。道は細く、岩を乗り越えなければ進めない場所もあり、「踏み外せば滑落する危険もあった」。

 国境を越えたのは夜。目の前には、針金を巡らせた高さ約3メートルの壁が立ちはだかる。用意したはしごで…

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1002文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 阿波踊り どうして対立印象づける悪循環に陥ったのか
  2. 2歳児保護 ぬかるみの道 薄暗い沢 尾畠さんが案内
  3. 夏の高校野球 浦和学院、二松学舎との関東対決制し8強
  4. ジャカルタ・アジア大会 お粗末、抽選入れ忘れ サッカー開始前倒し
  5. 夏の高校野球 済美14年ぶり8強 高知商の強打封じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです