メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

若者フリーゾーン

「移民」議論 認識の差知る 「高校生外交官プログラム」に参加 松元拓海さん(16)

スポーツ大会の後、ルームメートのアレクサンダー・ブラナーさん(右)と=京都市内で8月、松元さん提供

 <くらしナビ おとなへステップ>

松元拓海(まつもと・たくみ)さん

 今夏に行われた「AIU米国高校生国際交流プログラム」という事業に参加しました。保険会社がスポンサーで、書類と面接で選ばれた日米各20人の高校生が10日間、京都市内のセミナーハウスで共同生活し、「高校生外交官」として互(たが)いの文化を理解し合おうというものです。

 東京都立高2年で普(ふ)段(だん)は自宅と学校の往復だけなので、違(ちが)う国や環(かん)境(きょ…

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文934文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  2. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  3. 体長3.4mダイオウイカ死骸 河口に 島根・浜田
  4. クックパッドニュース ウソ⁉「マシュマロ」が◯◯するだけで“マカロン”風に大変身☆
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです