メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メキシコ地震

死者230人に 国全体で3日間服喪

 【サンパウロ山本太一】メキシコ中部で19日に起きたマグニチュード(M)7.1の地震で、AP通信などによると、メキシコ当局は20日、死者数が230人になったと明らかにした。地震発生から丸一日が経過し、救助活動の本格化により多くの被災者が救われる一方、死亡者数も増えている。

 当局によると、首都メキシコ市での死者は100人に達し、南隣のモレロス州で70人以上の死亡が確認された。中高層ビルが林立する都市部で築年数の古いアパートやビル、耐震性の弱い住宅などの被害が大きかったとみられる。

 4階建て校舎が崩壊し、児童ら25人の死亡が確認されたメキシコ市のエンリケ・リブサーメン小学校では、…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文660文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです