メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 櫛かんざし美術館(東京都青梅市) /東京

しっくいの白壁が美しい櫛かんざし美術館=青梅市で

女性彩った伝統工芸

 JR青梅線沢井駅から歩いて10分ほど。つり橋を渡った先の山道を上ると、白壁に飾られた巨大な櫛(くし)の看板が目を引く和風の建物が現れる。日本で唯一、櫛とかんざしに特化した美術館「澤乃井 櫛かんざし美術館」だ。

 地元の老舗の造り酒屋「小澤酒造」元会長で、初代館長も務めた小澤恒夫氏が「日本の伝統工芸の美しさを再認識してもらいたい」との思いから、櫛やかんざしの世界的な収集家で京都の芸妓(げいぎ)でもあった故岡崎智予さんが40年かけて集めた約4000点を買い取り、1998年4月にオープン。その後、個人の寄贈などを引き取り、現在は約5000点を所蔵する。

 作品は江戸時代と明治から昭和の年代別に分かれて展示。年4回展示替えを行い、常時400~500点ほど…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです