メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療を考える

高齢になればなるほど…… 認知症と物忘れ、どちら? 宇和島徳洲会病院・貞島総長に聞く

 歳をとれば誰でもなる可能性がある認知症。高齢化社会の到来に伴い、患者数は2025年に約700万人に上るとの推計もある。認知症はどのような症状か。どういった環境だとなりやすいのか。「もの忘れ外来」がある宇和島徳洲会病院の貞島博通総長に聞いた。【聞き手は毎日新聞松山支局次長・久保聡】

「1人」だと悪化しやすく 幻想や妄想、性格の変化も

 --日常生活での物忘れと認知症はどのような違いがあるのですか。

 ◆普段の物忘れはストーリーがある程度できています。例えば、ご飯を食べて外出したとします。その場合、…

この記事は有料記事です。

残り2448文字(全文2696文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  2. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  3. ファミレス ガスト宅配弁当にカエルの死骸 体長数センチ
  4. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  5. アメフット 会見詳報(1)「勝手に突っ込んだことにされる」父が懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]